会社設立手続き

会社設立のステップ

  会社設立には専門知識や書類作成の知識・ノウハウが必要です。ロイヤル総研では事業計画作成等の創業コンサルティングから会社の設立代行、そして会社運営管理までワンストップで支援致します。

1.創業コンサルティング
起業して会社の活動を早く軌道の乗せるためには、綿密な事業計画の作成が必要です。ロイヤル総研では、事業計画作りから起業家の皆様をサポートします。

創業コンサルティングについての詳細はこちら⇒創業支援

2.会社設立手続き
会社設立は以下の手順で行います。
※司法書士手続きについては提携司法書士法人への委託となります。

1.事業計画の立案 企業理念を明確にして目標を定め、その目標に向けて計画を作ります。個人事業の延長で法人化する場合は、比較的容易に立案できますが、脱サラなどして初めて会社を作る場合は、この計画が大変重要です。
2.発起人の決定 発起人は会社設立の企画者です。単独でも、複数でも発起人になれます。
3.基本事項の決定

会社の基本事項を決定します。主な決定事項は以下の通りです。
□事業目的 □商号 □所在地 □事業年度 □出資額(資本金)と発行株式 □取締役

4.発起人決定書(議事録)の作成 基本事項が決まったら、単独発起の場合は「発起人決定書」、複数発起の場合は「発起人議事録」を作ります。
5.印鑑の作成 会社設立の諸手続きには印鑑が必要なため、法人印を作ります。印鑑の種類は代表者印、社印、銀行印、ゴム印などです。
6.定款の作成と認証 定款には会社の基本事項を定めます。記載事項には「絶対的記載事項」と、「相対的記載事項」、「任意的記載事項」があります。定款を作成したら公証人の認証が必要です。
7.出資金の払い込み 定款の認証を受けたら、出資金の払い込みをし、証明書の交付を受けます。(発起設立の場合は証明者の代わりに預金通帳の写しで可。)
8.設立登記

出資金を払い込んだら設立登記です。登申請書類と添付書類を準備し、登記所に書類を提出して登記官の審査を受けます。記が完了すれば法的に法人が認められます。
※登記手続きは司法書士が行います。

9.諸官庁への届出 登記が完了したら、税務署、市役所、労働基準監督署、年金事務所などに各種届出を行います。

【会社設立の実績】※実績の一部

  • ソフトウェア開発業
  • 化粧品製造業
  • 機械器具製造業
  • 建設業
  • 農業
  • 社会保険労務士法人 など

手続き代行の活用メリット

   ロイヤル総研では、社会保険労務士が各専門分野の手続きを適法かつ適正に代行致します。その道のプロである専門家をご利用いただくことで、安心してお任せ頂けます。

【アウトソーシング活用のメリット】

○プロによる対応で、難しい処理や複雑な手続きも安心

○経営者様や人事担当者様がコア業務に専念できる!

○機密情報を従業員に知られることなく機密保持できる!

○時季的な業務負荷を吸収

 

ロイヤル総研アウトソーシングの強み

  ロイヤル総研のアウトソーシングサービスには以下の強みがあります。

◎実績と経験のある専門家によるサービスで安心!
ロイヤル総研では、実績がある社会保険労務士や中小企業診断士等の専門家が中心となり、お客様にサービスを提供致します。

スピーディかつ柔軟な対応!
迅速にご依頼内容に対応致します。また法改正等にもタイムリーに対応致します。

◎適切な情報提供やコンサルティング
ロイヤル総研の専門家は、受託した内容だけではなく、その周辺情報やお客様が知らなかった情報・ノウハウを提供しますので、助成金を受給しそびれたりすることもなくなります!

 

静岡県内(静岡市葵区・駿河区・清水区、富士市、藤枝市、焼津市、島田市、掛川市、菊川市、磐田市、浜松市、沼津市等)の会社設立手続きはロイヤル総合研究所をご利用ください。